カテゴリー:強迫観念と強迫行動

  1. 身も心も疲れ切ってしまう... 誰かを傷つけてしまったのではと恐ろしくなり、何度も確認したり、他人に危害が及ばないように検証を繰り返すのは、精神的に追い込まれていくものです。 加害恐怖から逃れるために確認行為を繰り返しても、そん…

  2. 普通、よくあること。だけど... 数唱強迫とは、特定の数字や回数にこだわってしまう強迫観念の一種です。 不吉な数字を避ける心理は、誰にでもあるものです。しかし、普通なら日常の行動において、数字や回数を優先することはありません。&…

  3. 自分でもわかっているが... 自分でも度を越しているとわかっているのに、確認行為がやめられないのなら、強迫性障害を疑い、できるだけ早く対処すべきです。 ある調査機関がとった統計によると、強迫性障害を発症したひとの50%は重症化し…

  4. 思うだけなら... 縁起恐怖とは、神仏などの宗教的なものに抱く強迫観念のことをいいます。 神仏を冒涜するような考えがほんの少しでも頭に浮かんでしまったら、良くないことが起こってしまうと恐れます。 また、神仏に対し、何か無礼…

RETURN TOP