強迫性障害を本質的に改善する方法

本当に自分だけで治そう

と思っているあなた!


実際には、やるのが難しかったり、誰かの助けがなければできない方法ばかりではありませんか?


メンタルトレーナーの本田雅人さんが体系化したエクササイズは、強迫性障害を一人で改善するのに最適なプログラムです。その理由は、

6週間以内に根本から改善
1日わずか20分、早ければその日のうちに効果を実感
用意するのは、ノートとペン、それとエクササイズの時間だけ
自宅で一人で空いた時間にできる

強迫性障害を一人で改善したいなら、
これらの方法をまとめた実践プログラムがおすすめです!


【ダウンロード版 or 冊子版 メインマニュアル211ページ】

実践プログラムの詳細



 

でも、費用が少し高いと感じられるかもしれません。

確かに、入院治療やカウンセラーにかかることを考えれば、このプログラムの方が安い費用で済みます。でも29800円は安い金額ではありません。

数千円程度で改善法が書かれた書籍もあるでしょう。しかし、このプログラムには、高いだけの理由があるのです。

 

経験した人でないと到底わかってもらえない

よくある改善法には、実際に実行できず挫折しやすいものがあります。その理由は、一つに内容が難しいということ。読む前に挫折しかねません。

二つ目に家族や精神科医など、誰かの助けをもらわないとやりきれないような方法。それでは、本当に自分だけで治そうと思っている人にはどうにもできません。

そもそも強迫性障害という心の病は、経験した人でないと到底わかってもらえるものではないのです。

 

なぜ改善できるのか?

いっぽう、このセルフワークプログラムの場合、用意するのはノートとペン、そして1日20分程度の時間だけ。自宅で一人で空いた時間に行えば良いのです。

個人差はあるでしょうが、早い人は6週間もかからずに改善していますし、遅い人でも3ヶ月もあれば、改善できています。

今現在、主流と言われている治療法のどれとも異なることも、実際に実行できる理由のひとつです。

まず、薬に頼る必要はありません。そして、強迫性障害を経験したことのない人たちが教科書に沿って治療にあたるような机上の空論でもありません。

最新の心理・脳科学に基づいた効果の実証されている方法に、本田雅人さんのカウンセリング経験、そして強迫性障害に悩まされ続けてきた約10年に渡る実体験を融合した内容なのです。

そして、書籍とは違い、このプログラムにはメールによる本田雅人さんの個別サポートが提供されています。質問専用のメールフォームがあり、そこでわからないことや不安に思うことなどを気軽に聞くことができるのです。

 

挫折しない理由

それだけではありません。このプログラムには、あなたと同じような悩みを抱える方が集まっています。他の参加者の悩みや質問、気持ちなどが本田さんに寄せられます。そんなやりとりをまとめたフォローアップメールが送られてきます。

これは、あなたに2つのメリットがあります。一つは、やる気が出るということ。自分だけで治そうとすると、どうしても孤独になりがちです。でもこのプログラムなら、同じような悩みを持つ仲間が集まっているのです。本田さんもいます。もうあなたは一人ではありません。こうしてやる気を持てることで、確実に結果を出すことができます。

二つ目に、他の仲間の悩みや質問、それに対する本田さんとのやりとりを知ることで、あなた自身でも気づいていないような問題がハッキリとすることがあります。それが改善のスピードを加速的に早めることもよくあるのです。

 

未来へ向けて

書籍などと比べたら、このプログラムが高価なのは、これだけのコミュニティと確実に改善できる内容を維持しているからなのです。

どんなに優れた治療法でも、改善するまでやり通すことができなければ、まったく意味がありません。このプログラムは、1日20分程度のエクササイズのみです。何よりも「続けやすさ」で改善方法を選ぶべきではないでしょうか?

早ければ、その日のうちに効果を実感できる方法です。今すぐこのプログラムの詳細をご確認ください。

【ダウンロード版 or 冊子版 メインマニュアル211ページ】

実践プログラムの詳細



 

 
  1. 身も心も疲れ切ってしまう... 誰かを傷つけてしまったのではと恐ろしくなり、何度も確認したり、他人に危害が及ばないように検証を繰り返すのは、精神的に追い込まれていくものです。 加害恐怖から逃れるために確認行為を繰り返しても、そん…

  2. 普通、よくあること。だけど... 数唱強迫とは、特定の数字や回数にこだわってしまう強迫観念の一種です。 不吉な数字を避ける心理は、誰にでもあるものです。しかし、普通なら日常の行動において、数字や回数を優先することはありません。&…

  3. 早めの対処が大切 ・ただのきれい好きだと思っていた入念な手洗いが、次第に何度も手を洗わないと気が済まなくなり、過剰な手洗いを繰り返すようになる ・目に見えないバイ菌が怖くてドアノブすら触れなくなる このような行為を自分でも…

  4. 自分でもわかっているが... 自分でも度を越しているとわかっているのに、確認行為がやめられないのなら、強迫性障害を疑い、できるだけ早く対処すべきです。 ある調査機関がとった統計によると、強迫性障害を発症したひとの50%は重症化し…

  5. 思うだけなら... 縁起恐怖とは、神仏などの宗教的なものに抱く強迫観念のことをいいます。 神仏を冒涜するような考えがほんの少しでも頭に浮かんでしまったら、良くないことが起こってしまうと恐れます。 また、神仏に対し、何か無礼…

  6. 電車のつり革がなんとなく汚く思えて、触ることをためらってしまう。 それは、きっと多くの人が一度は感じることかもしれません。 でもほとんどの場合、消毒してあるかどうかを確かめようとはしませんし、後で手を洗えば済むことなのであまり気…

  7. 思い込みからおかしな行動をしてないか? 合理性のない不吉な思い込み(強迫観念)から逃れようと、やはり合理性のない行為(強迫行為)を繰り返してしまうのが、強迫性障害という精神疾患の一種です。 それら強迫観念と強迫行為の2つがあれば…

  8. 心の病のシグナル? 鍵がかかっているか何度も確認しないと、安心できないため、時間ばかりかかって外出などに支障が出ていませんか? 確かに鍵のかけ忘れを確認するのは、誰でもよくすることです。しかし、何度も戻ってきては執拗なほどに確認…

  9. <関連情報> 抱えていました。 悩み事の詳細は、日本には数字の4、9は「死」、「苦」といった語呂合わせがありますが、昨年の夏頃から私は、この数字の4や9を日常生活において、執拗に避けるようになってし…

  10. 性格のせいではない? 自分でも明らかに変だと感じていても、手を洗うことがなかなかやめられない。それは、強迫性障害が原因かもしれません。 もしそうなら、異常なまでに手を洗ってしまうのは、あなたの性格のせいではなく、強迫性障害という疾患…

RETURN TOP